こんにちは。神戸の北側に位置する三田(さんだ)市という自然ゆたかな地で、新たに夫婦で農業を始めた、シンフォニアファーム|SINFONIA FARM の伊藤祐介です。

SINFONIA FARM という名前の由来についてですが、SINFONIA は英語の「Symphony」のイタリア語表記で、「交響曲」や「合奏曲」を意味することから、「多様性」や「調和」を表しています。

夫婦ともにクラシック音楽に縁があったこともきっかけの一つですが、野菜をつくる畑の生物の多様性や、野菜を買って頂くお客様の多様性を大事にしたいという思いから名付けました。

 

 

恥ずかしながら、私自身、数年前までは「食」全般にあまり関心を示さない人間で、口に入れるものが何でできているのか、ということにも疎い人間でした。

ですが、やがて妻と出会い、一生健康であるために「食」に関する学びを怠らない妻に感化されるかたちで、私自身も食べ物に関心をもち、かつ責任を持っていかないといけないと考えるようになりました。

こどもの頃から自然に囲まれることや、自分の手でものを作ることが好きだったことも手伝って、2016年から地元の農家さんで多品目野菜栽培の農業研修を受け、2018年の秋から独立して、無施肥・無防除(肥料・農薬不使用)での野菜づくりに挑戦しています。

具体的には、一般的に窒素が多く含まれる化成肥料や有機質肥料を使わず、「炭素」の含有率の高い生の資材(枯れ葉や刈り草、もみがらなど)を土の表層に入れ、微生物(主に糸状菌という菌類)の働きで、自然に無理なく作物に養分供給をするという栽培を目指しています。

効果としては、過剰な窒素・水分がないことから日持ちが良い、土が発酵型になり硝酸塩(硝酸態窒素)含有が小さいため食味が良いといったことが言われています。

特に、日本でほとんど知られていない、人体内で有害性のある物質に変化する硝酸態窒素(EUでは基準値が定められています)の含有を極力下げ、子どものメトヘモグロビン血症や発がんリスクなどを下げていくことが重要な目的です。

微力ながら、こういった取り組みをもって、日本人の健康寿命の増進や社会保障費問題の改善に役立てればと思います。

 

 

さて、冒頭で「多様性」についてお話しましたが、多様なお客さんと繋がっていきたいという意味で、将来的に当農園は、日本国内に居住する外国人の方や、インバウンドで日本を訪れる方々へもアプローチをしていく予定です。

夫婦で扱うことのできる多言語(日本語のほか英語・中国語・韓国語)を活かし、「マルチリンガル農家」として、世界を視野に入れて活躍できる農家を目指していきます(^^)