恵まれたなかでの新規就農


シンフォニアファームの伊藤祐介です。

ブログの記事をかかなきゃ、と毎日思いながら、日々の就農準備でなかなかブログを書くゆとりが持てない今日このごろ・・・

そう、その「このごろ」なんですが、就農の準備をしていくなかで、自分は本当に恵まれた環境にいるんだなぁと実感することが最近多くなってきましたw

 

農業のことで一番お世話になっているのは何と言っても親方!

三田市のおおにし農園のオーナーの方です。

 

 

 

日々の研修で教わる栽培のことだけじゃなく、就農にあたっての土地探しや農機探し、村のなかで自分のことを紹介して頂いたり、プライベートな面まで心配して頂いたり。。

研修と同時並行で自分の借りる畑もやっていますが、そのたびに農機具をお借りしたり、ハウスで育苗をさせて頂いたり、正直枚挙に暇がございませんっ!

親方だけでなく、その奥様には何度も野菜を分けて頂いたり、細かいところで気を使って頂いています。

とてもじゃないですが、十分にお返しができるような御恩ではありません。

自分なりにどう恩返しできるかを考えていますが、やはり自分が一人前の百姓になって、就農する地域(親方の農園のある地域)で村を元気にして、三田市全体を盛り上げていくことなのかな、と考えていますw


スポンサーリンク


研修先の農園には、一昨年に独立就農されたOB研修生の方がいらっしゃいますが、いつも有用なアドバイスや情報を頂いており、自分の就農を考えるうえでも不可欠の土台になっていると実感しています。

本当に感謝・感謝です。

毎日のように一緒に農作業に励んでいる研修生のみんなとも、日々切磋琢磨させてもらっています♪

同じ境遇の研修生がたくさん周りにいるのはなかなか心強いです(笑) たった1人だと、不安は倍以上だったんじゃないでしょうか・・・orz

 

また、両親も就農を応援してくれていますし、妻も、夫のワガママを聞き続けて、やりたいことをやらせてもらっています。

 

他にも、ここには書ききれないくらいお世話になっている方々がたくさんいらっしゃいます。

自分ひとりじゃ到底就農には漕ぎ着けることができなかったでしょう。

頂いた御恩は決して無駄にはできません。

そのためには、自分なりの農業に全力で当たっていくのみです。


スポンサーリンク


ということで今回は、「自分がどれだけ恵まれた環境で就農できるのか」ということを忘れないために記事を書かせていただきました。

語彙力不足のため、なかなか伝わる文章にならなくて申し訳ありません(汗)

 

シンフォニアファームは、どんどん新しいことにも挑戦して、「クリエイティブな農業」を目指していきます!

まだまだこれからですが、応援よろしくおねがいします!!


スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA